>
現金キャッシングとクレジットカードショッピングの違い

現金キャッシングとクレジットカードショッピングの違い

現金のキャッシングとクレジットカードでのショッピングの違いは、端的に言うと前者はお金を借りることを指し、
後者は商品の買い物を信用と言う名目のツケ払いで購入することを指しています。

キャッシングについて

キャッシングとは、他の商品やサービスへの現金支払いのために、
消費者金融・信販会社・銀行などからキャッシングカードを作り、
現金を借りることで、基本的には翌月一括返済しなければなりません。
キャッシングは、ATMからお金を引き出すか、
自分の銀行口座に振り込みという形があります。

最近では、ネットで申し込むと即日振り込みをしてくれるサービスを
しているところもあります。
キャッシングには、収入や返済能力があるかどうかの審査があり、
借りやすさは消費者金融・信販会社・銀行の順で、利息はその逆で、
銀行・信販会社・消費者金融の順で高くなります。
消費者金融においては30日間無利息キャンペーンなど、利息をつけて返済する必要がない場合もあります。 クレジットカードでキャッシングする場合には信販会社のキャッシングということになります。

クレジットについて

クレジットとは、商品購入時にカードを提示することによって、現金を支払うことなく
買い物ができ、現金を持ち歩く手間や危険性を回避することができます。
クレジットカードは、信販会社やクレジット会社などが発行しています。
その時の代金はカード会社が立替えてくれ、後日そのカード会社を通して
代金が請求されることです。
返済方法は通常翌月一括返済ですが、分割払いやリボ払いにもすることができ、
その場合利息が発生します。また、色々な特典が付いているのが特徴で、
その中でも利用額に応じてポイントがつき、
貯まったポイントにより金券や商品と交換できることが最大の利点です。
また、キャッシングカードとクレジットカードの違いは、
前者がキャッシング機能しかないのに対して、後者はクレジット機能の他に
キャッシング機能も付けることができるという点です。

これらのことから、多目的に活用したい場合はクレジットカードを、
まとまったお金が欲しいという場合はキャッシングカードを使います。

COPYRIGHT© 2013 クレジットカードでキャッシング ALL RIGHTS RESERVED.