1. マンション売却のプロ
  2. マンション売却ブログ
  3. 値引き交渉は絶対?値下げ無しで中古を売る

マンション売却価格の値引き交渉は絶対?値下げ無しで中古マンションを売りたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却ではほとんどの場合、値引き交渉が存在します。売主は「高く売りたい」ですが、買主は「少しでも安く買いたい」と考えるものです。両者間で正反対の考えですので折り合いをつける必要があります。

マンション売却で値引きせずに売る方法はないの?

よく「○○万円に値引きしてくれたら買う」と言った交渉がありますが、売主が値引きに応じなければ良いですよね?極論を言うと、値下げ交渉に応じなければ、売り出している価格で売却する事ができます。

しかし、売主からすると今後買いたい人が現れるかどうかの不安がありますので、買主優位で話しを進めてしまう事になってしまい値引きに応じてしまうのです。

確かに、買いたい人が現れるかどうかは誰にもわかりません。ですが、交渉に応じて、自分の考えている価格よりも低く売る事はなるべく避けたいはずです。その為、値下げに応じなくて済むような状況を作る事が大事です。

不安になる要素は買主に見せてはいけない

  • 早期にマンションを売却しなければならない理由があるケース
  • なかなか不動産売れずに売却に時間がかかっているケース

早期にマンションを売却しなければならない理由があるケース

転勤や離婚などによる住み替え・買い替えで次に住むところが決まっていたりする場合、早く売却しないといけない状況があったりします。こういった状況化にいると、もし値下げ交渉に応じず、次の買主候補を探すとなると、「見つかるかわからない」「時間がどれくらいかかるかわからない」など不安になり、それだったら値引きしても売った方が良いという考えになりがちです。

買主に状況を把握されてしまうと、値下げ交渉をしやすい状況を作ってしまいますので、注意が必要です。なるべく余裕をもって売る為にスケジュールを組むべきです。

なかなか不動産売れずに売却に時間がかかっているケース

マンションを売り出してみて、すぐに売れる場合、なかなか売れない場合とありますが、なかなか売れていない場合も 値引き交渉をされやすいです。というのも、仲介の業者からすると、売れない限り手数料をもらえませんので、なかなか売れない場合は価格を下げる提案をします。売主の心情としても、売れないという事は価格が高いのか?と感じてしまいます。そのあたりを狙って買主も時間がかかっているマンションとわかれば、値下げ交渉をしやすくなります。

売主が不利になる状況を買主に見せない!

マンション売却における価格交渉での注意点

ほとんどのケースで値下げの交渉は必ずありますので、納得できない場合は交渉に応じず、新しく買主を探す方向に行きましょう。

ただし、みすみす買主を逃すのはもったいないので、上記で言ったように、不利になる状況をい作らない事と、「いくらなら売ってもいい」という価格を自分の中で設定しておきましょう。その価格については仲介業者が買主に教えてしまう可能性があるので仲介業者にも言わずに自分の中だけ留めておきましょう。

値下げ額次第では、交渉に応じて売ってしまった方が得な場合もありますので...

一つ例を挙げて値下げ交渉について考えてみましょう。

【例】
販売価格:3678万円

販売価格3678万円だった場合、買主はいくら値下げ交渉をしてくるでしょう?

おそらく、3678万円の場合、端数78万円を引いた3600万円といった交渉になる事が多いと思います。3678万円が3600万円に!となった場合、あなたならどう思いますか?

78万円は売主にとってはとても大きな金額と思います。実際に3678万円で売れれば、業者に支払う手数料は1163400円、もし3600万円の場合は1140000円です。

売却価格 業者に払う手数料
3678万円 116万3400円
3600万円 114万円

値引きせずに売れていれば、78万円分、手元に多く残るので、結構大きい金額になります。

買主は値下げ前の価格でも購入の意志があるはず。ですが、なるべく安くならないかと考え、ダメ元で価格交渉している事も多い為、下げる理由がないなら交渉に応じない。又は売却の最低ラインを下回らなかったら売るなど、決めるとよいと思います。

物件の価格交渉を有利に進める為の伏線をはる!

上記で「買主は必ず、値下げの交渉をしてくる」と言いましたが、気に入ったマンションなので交渉して、なるべく安く購入しようと考えています。

売主は売りたいけど、なるべく高く売りたいと考えているので、両者がお互い歩みよって少し値下げした価格で納得して売る事が多い訳ですが、どうしても買主有利で進んでしまいます。

そこで、一つの回避方法を紹介します。必ず利用できるわけではありませんが、頭にいれておきましょう。

まず、どうすれば値引き交渉をしずらいのかを考えていきます。

上述したように、売主の不利な状況を買主に見せない事もとても重要ですが、プラスして必要なのが、人気の物件だと売主に感じさせることです。

売主のマンションが人気の物件だと買主が思えば、もし値下げ交渉してダメになったら他の人に購入されてしまうと考えますよね?そうすると、大きく値引きの交渉をしてしまうと断られてしまう事に繋がります。買いたいと思っているのに買えなくなる可能性がある訳です。

先程、売主の不安について言いましたが、逆に買主に不安要素があれば、値下げ交渉はしずらくなります

どうやって人気マンション(物件)と思わせるか?

マンションのスペック、立地、利便性などあれば、もちろん人気物件になりやすいですよね?当然条件が整うので当たり前です。しかし、そこまででなくても、人気物件に見せる方法があります。

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

内覧希望者の内覧時間を被らせる!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

内覧の時間をわざと被らせます。同じ時間に内覧することで、自分以外にも同じ物件を気になっている人がいるんだと感じさせる事で、人気物件と思わせることができます。

仲介業者が他にも検討している方がいると言えば済むんじゃない?と思うかもしれませんが、実際に複数の人が内覧にきていたのを目で見たという事実は、言葉だけで言うようリも説得力が全く違います。

買主からすると価格交渉はしずらいので、値引きも少なくて済むOR値引きせずに売れる確率も格段に上がるでしょう。