1. マンション売却のプロ
  2. マンション売却ブログ
  3. ホームインスペクション(住宅診断・検査)で中古売却を有利に

ホームインスペクション(住宅診断・検査)で中古マンション売却を有利に

このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションの需要が増えいてる現状において、売却成功の為には他のマンションとの差別化が必須となってきます。物件自体で優位性があれば良いですが、同じような中古マンションが増えた場合、考えておかないといけないはず。

今回紹介するのはホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)についてで、この住宅検査はアメリカでは7割~9割が取引前に診断が行われ、すでに常識となっています。

日本では、まだ一般的ではなく1割程度しか利用されていませんが、仲介業者が買主、売主に住宅診断を行うかどうかの確認を義務付けるようする宅地建物取引業法の改正案が2018年施工を目指して提出されていますので、今後、確実に増えていくと思います。

ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)とは一体何なのか?

ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)とは?

ホームインスペクションはホームインスペクター(住宅診断士)が現在の住宅の状況を確認し、欠陥がないか、改修が必要な箇所があれば、どのくらいの費用がかかるか、すぐに改修した方がいいのか?まだ良いのか?などを調べてもらえます。

現状、必ず住宅診断を行わなければいけない訳ではありませんが、上記でも少し言ったように、アメリカでは常識になっており、今後、仲介業者が買主、売主に住宅診断を行うかどうかの確認をする義務付けをされる方向で進んでいますので、住宅診断を行う売主・買主は増えていくとと考えられます。

買主はこの物件を購入してもいいのか?本当に大丈夫なのか?不安もありながら購入を検討しているわけですので、売却するにはそういった買主の不安を少しでも解消していった方が売りやすいですし、買いやすいですね。

今後、当たり前になってくるホームインスペクション!

中古マンションを売却前に住宅診断するメリットとデメリット

マンション売却前に住宅診断・検査を行うメリットとデメリットについて。診断するしないは売主の判断ですが、メリット・デメリットを考えた上で判断すると良いでしょう。

住宅診断のメリット

  • 売却後に瑕疵で、想定外の出費をがかかるのを防げる
  • 専門家による診断なので売却に有利
  • リフォームした方が良い箇所がわかる
  • 現在の住宅の状況を把握することができる

売却後の売主の不安が瑕疵担保責任かと思います。もし瑕疵が見つかった際に売主が改修する瑕疵担保責任があり、もしも瑕疵があると想定外の出費となってしまいますが、住宅診断を事前にしておけば売却後の出費を防げます。

また中古マンションですので、住んだ年数にもよりますが、診断によって改修した方が良い箇所がわかるので、簡単なリフォームをする場合は参考になるでしょう。住宅診断は現在の住宅の状況を専門家が診断・検査してくれるのでこれから、売却する上での不安を解消してくれるメリットがあります。

中でも売却する事が決定している方、売ろうかなと考えている方にとっては本当に売れるのかという心配も当然あるかと思います。中古マンションといえど、もし築年数が経過している場合、他のマンションと見劣りすることもあるでしょう。所有マンションの売りは何かと考えても中々ないという不安もあるでしょう。

そんな時に、ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を利用する事で、専門家に診断してもらったと言う事実はアピールポイントになるかと思います。買主の不安は中古だけど、今後大丈夫なのかな?もう一つのマンションの方が新しいからなど、中古購入への不安はあるはずです。そこに専門家が診断して大丈夫だったという事実は選択肢として入っていなかったとしても検討しようかという後押しになるはずです。

もし、住宅診断した中古マンションとしていないマンションとで悩んでいる場合、それほど、マンションの条件に違いが無いなら住宅診断を行って大丈夫となっている方を購入する可能性の方が高いですよね。

住宅診断しておくと買主の不安を取り除けるので売却に有利

住宅診断のデメリット

  • 費用がかかる
  • 確認できない箇所もあるので、完璧な診断ではない

当然ですが、専門家であるホームインスペクター(住宅診断士)に診断をお願いする訳ですのでお金がかかります。料金は5万円~くらいですが、調査内容によっては10万円以上かかる場合もあります。もともと必ず必要な費用ではないので、売主の判断になりますが、高いと取るか安いと考えるか...?

また、診断はあくまで目視による診断ですので、すみずみまでチェックできる訳ではありません。マンションの場合は、専有部分については診断できますが、共有部分は勝手に診断する事ができないので、耐震などを判断できないなど、確実ではない部分もあります。ただし、専門家ですので、もしヒビがある場合などに構造に問題があるなど見当をつける事は可能です。

費用がかかる事、また確認できない箇所もあるので完璧な診断ではない

ホームインスペクション(住宅診断・検査)の所要時間と費用について

ホームスペクションの所要時間は広さにもよりますが、診断項目は決められているので大体2~3時間と言われています。費用については上でも言いましたが、目視による診断の場合5万円~6万円くらい、機材を使って詳しく診断する場合は10万円以上になる事もあります。この価格は大体の相場となりますが、依頼する会社によって費用は異なってきますので、詳しい料金は問い合わせてた方が良いでしょう。もし仲介を依頼する会社が決まっているのなら不動産会社に話しを聞いてみるのも良いでしょう。

不動産会社によっては無料で住宅診断(ホームインスペクション)を行ってくれる会社もありますので、お金をかけたくない人は、そのような会社を狙って依頼するのも良いでしょう。

ただし、無料で診断するのは、仲介したり、リフォーム会社にマージンをもらったりなど、マイナスにならない理由があるからとも考えられます。適正な診断をしてくれるとは思いますが、もし不安なら、仲介を依頼していない会社に依頼するなどした方良いかもしれません。

住宅診断が売却を有利にする~購入者にとってはメリット大

住宅診断を行うかどうかは、現状しなくても特に問題はありません。しかし、自分が中古を購入する場合を考えると、専門家が住宅診断して問題ないと言われているという事実の有無は購入する際の検討材料になりますしメリットとなりますよね。その為、費用が掛かったとしても診断した方が良いと考えられます。

今後、義務化されると、さらに診断は一般化しますし、申込み後に買主から「ホームインスペクションを行いたい」と言われる事が多くなると予想されます。申込み後に言われて、診断後、購入を断られる事も考えると、時間の無駄ですし、本来購入してくれた買主を逃すことにも繋がります。

現状では5万円くらいで診断できるので、住宅診断は行っておいた方が得だと言えると思います。

5万円程費用がかかるが、それ以上のメリットがあると思える方は是非、住宅診断の検討を!