1. マンション売却のプロ
  2. マンション売却の費用~諸経費・諸費用について
  3. 売った後に戻ってくるお金(返金)について

売った後に戻ってくるお金(返金)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを売却する際の費用については、税金や手数料など支払う必要があるお金ばかりと思ってしまいますが、売却代金の他に、戻ってくるお金もあったりします。

  • 火災保険料、地震保険
  • 修繕積立金・管理費用等
  • 固定資産税
  • 銀行保証料(住宅ローン保証料)

上記に関係したお金が戻ってくる可能性があり、中には、きちんと手続きしないと戻ってこないものもあったりしますので、それぞれ説明してきます

火災保険の契約期間が残っているなら返金の可能性がある

忘れている方も多いかと思いますが、マンションを購入した際に火災保険に入っているはずです。この火災保険ですが、長期契約と短期契約とあり、長期契約で一括で支払いしている方も多く、マンション売却の際に、契約期間が残っている!と言う方も多数いすはずです。

中には火災保険は「掛け捨て」と思い込んでいる方もいる為、そのまま手続きしない方もいますが、残っている期間の保険料が戻ってくる事をご存知ですか?

契約書に途中解約の事が書かれているはずですので、契約時によく読んでいる方は知っていると思いますが、中には、きちんと読まずに契約している方もいるでしょう。知らずにそのままにすると返戻金が戻って来ないので必ず忘れずに解約しましょう。

返戻金の金額については加入している各火災保険の会社に確認してください。

ただし、解約するなら買主に引き渡した後にしましょう。引渡し前までは、売主のマンションですので、住み替えで新居にすでに住んでいる場合であっても、引渡しするまでは解約せずに火災保険に入っておきましょう。もし何かあった場合に大変です。

※火災保険の契約期間が少ない場合は戻ってこない場合もあるので注意!

火災保険の途中解約で残っている期間があるなら返金してもらえる!

地震保険に加入の場合

個人的にはマンションで個別に地震保険に入る必要はないと考えていますが、中には、地震保険にも入っている方がいます。地震保険については単独で契約できないので火災保険とセットで入っていると思いますが地震保険についても残っている期間があれば戻ってきますので、忘れないようにしましょう。

修繕積立金や管理費等が戻ってくる

マンションの管理費や修繕積立金についてですが、前月払いをしているはずで、当たり前ですが、引渡し後の管理費や修繕積立金については買主が負担すべき費用ですので、日割りで買主に清算してもらえます。

前月払いをしている管理費や修繕積立金を日割りで清算

固定資産税も戻ってくる

固定資産税は1月1日時点の所有者に請求されます。マンションを売却した場合は買主に引渡しした日に応じて、固定資産税が戻ってきます。返戻金の額については、固定資産税がわかれば、後は決済の日程で大体計算できるとおもいます。

支払った固定資産税についても決済日に応じて日割りで戻ってくる

銀行保証料(住宅ローン保証料)

ほとんどの金融機関が住宅ローンを貸す条件として、信用保証会社の保証を付ける為、マンション購入時に銀行保証料を支払っているはずです。金融機関によって保証料は異なり、例えば、三菱東京UFJ銀行の場合は元利均等返済で35年ローンをくみ、一括で支払う場合、100万円あたり20612円かかります。同じ条件で三井住友信託銀行の場合は1000万円で206110円です。大体ですが、100万円あたり約2万円の住宅ローン保証料がかかります。

もし3000万円のマンションを購入したのなら、住宅ローン保証料は大体60万円、4500万円なら90万円を支払っている事になります。

住宅ローン保証料を一括で支払っている場合は、マンションを売却した際に残りの期間分の保証料が戻ってきます。 実際額とは異なりますが、簡単に説明すると、30年ローンを組んで保証料を60万円支払っていた場合で5年後に売ったとすると、1年あたり2万円の保証料なので、60万円-5×2=50万円 50万円戻ってくる計算になります。(計算しやすいようにしています。)

実際には抵当権を抹消する(全額返済してローンを解約)際に銀行が計算してくれますので、心配する必要はありません。築年数が浅い場合はある程度まとまったお金が戻ってきますので知っておくと良いですね。

保証会社への保証料を一括で支払っている場合で売却した方は、残りの期間分の保証料が戻ってくる

まとめ

マンション売却の費用と言うと、売却代金は入ってくるものの、お金が出ていくイメージが強いですね。必ず必要ではありませんが、売る為にリフォームしたり、ハウスクリーニングしたり、住宅診断をしたり...

しかし、戻ってくるお金がある事も考えておけば、少し安心できる気がします。多く戻ってくる場合とそうでない場合がありますが、少しでも戻ってくると嬉しいですよね。