1. マンション売却のプロ
  2. 中古マンション売却の相談・質問と不動産売却の注意点
  3. マンション売却で後悔や失敗した体験(経験)って?

マンション売却で後悔や失敗した体験(経験)って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを売って「失敗したぁー」と後悔はしたくないですよね?当たり前です。しかし売却した人の中には失敗した方も多く、特に初めてマンションを売る方にその傾向が強いのです。

マンションを売却する際には新しい家に「住み替え・買い替え」のようにポジティブな理由とローンの払えなくなったなどのネガティブな理由があり、どちらにしても出来る限り高く売る事は共通して考えておくべきですので、失敗して後悔しないように、どんな人が失敗するのか?どんな事に後悔するのかを、しっかりと知っておきましょう。

マンション売却の経験者は、どんな事に後悔や失敗を感じる?

マンション売却を体験(経験)した方に話しを聞いてみると

  • 情報収集せずに不動産会社にお任せしたら相場よりも低い価格で売ることに
  • 「住み替え・買い替え」で準備不足が原因で早く売る事になり失敗!納得した売却ができなかった。
  • 予定よりも売却に時間がかかり、賃貸に仮住まいだった為、家賃が多くかかった。

と言った回答が返ってきます。どうして失敗してしまったのかについて解説していきます。同じ事にならないようにしましょう。

情報収集せずに不動産会社にお任せしたら相場よりも低い価格で売ることに

情報を集めずに業者にお任せがどうして悪いのか?売却初心者が大半ですので、プロに任せた方が良いと考えるのも分かりますし、お任せして後悔せずに売れる事もあるでしょう。

しかし、プロに任せたからと言って高く売れるとは限りません。覚えておいて欲しいのは、業者は売れた時の仲介手数料が利益となるので、売れそうな価格で調整しようとする事。

その為、情報収集をしっかりして最低でも相場を調べておかないと、査定価格や売り出し価格が適正かどうか自分で判断がでず、結果低い価格で売ってしまう事に繋がってしまいます。

情報収集が大事。最低でもマンションの相場価格は調べる

「住み替え・買い替え」で準備不足が原因で早く売る事になり失敗!納得した売却ができなかった。

よくある失敗事例として、住み替え・買い替えを希望している方に多い失敗があります。失敗する原因は売却活動よりも住み替え・買い替え先の新居探しの比重が多く、購入を優先し過ぎているからです。

新居探しは楽しいですし、先に考えてしまう気持ちはよくわかりますが、購入をメインとして考えてしまうと、売却活動がその分おろそかになり、ローン関係の事もあり最終的に時間が無い中、急いで売却する状況になってしまいます。

売却期間が少ない中でも早く売れる事もありますが、なるべく期間に余裕を持っておかないと、購入希望者が現れて値下げ交渉などがあった際に立場が弱くなってしまいます。

値下げ交渉に応じないという考え方もありますが、購入希望者が「買わない」となった場合、次の買い手を探す必要がでてきます。時間がない中、次の買い手が見つからない場合、住み替え先の新居も購入できなくなる可能性がある事も考えると、値下げ交渉に応じるケースが多いのです。

住み替え・買い替えは、売却が先、購入が先、同時進行など考え方は色々ありますが、上記のように期間がなくなり、値下げして売る事に繋がる事も考えられます。想定している範囲内であれば良いですが...

住み替え・買い替えに限らずマンション売却は期間に余裕を持つ!

予定よりも売却に時間がかかり、賃貸に仮住まいだった為、家賃が多くかかった。

平均的には3ヶ月くらいで売却できるのですが、価格に納得できずに時間をかける事は当然ある話しです。マンションを売りやすくする為に、引越しをして仮住まいで暮らすなら、家賃も考慮して売却活動をする必要があります。

買主は購入の意志を示した後に必ず値段の交渉をしてきます。なるべく安く買いたいのは当たり前ですよね。ここで自分が思っている額よりも低いので断るというのは悪くありません。しかし、仮住まいをしているなら、家賃も考慮して売るか売らないかを判断しなければいけません。

例えば家賃が月に10万円だとします。3ヶ月以内で売れれば30万円の負担で済みますが、6ヶ月以上かかったらどうでしょう?60万円の負担ですね。1年かかったら120万円です。

もし途中で50万円の値引き交渉があったとして、「もっと高く売れるはず」と考え売却を続けたが1年間売れず...こんな場合50万円の値引きに応じて売っておけば良かったと後悔しますよね!判断は難しいですが、家賃は考えておかないと損してしまいます。引越し費用や敷金・礼金なども余分にかかりますし...

賃貸で仮住まいするなら、賃料も含めて売却活動を考える!

失敗・後悔に共通しているのはマンションを売る準備が出来ていない事

後悔・失敗したと感じている人に共通しているのは売却の準備が出来ていないことです。準備が出来ていれば失敗を回避できた可能性は充分あります。

大事なのは情報収集をして相場価格を調べたり、実際に不動産屋に査定を依頼したり、また、どのくらいの期間が必要なのか?住み替えなら、同時進行しなければいけないのか?など、売却は簡単にはいかないので、スケジュールを立て、余裕を持ってすべきです。

失敗した人のほとんどが、「相場を自分で調べておけば良かった」と言っています。期間についても早く売らないといけない状況になると、なかなか思った通りの売却は難しくなってきます。

準備にも時間がかかりますし、売却が決まったとしても相手がいるので、思った通りのスケジュールで進まない可能性も充分にあります。マンション売却を検討しているなら、売る売らないは別にしてなるべく早めに査定してもらったり、情報を集めて準備をしておく事が必要です。

準備が出来ていればマンション売却は成功していたのか?

ここで準備ができていれば本当に成功したのか?後悔せずにすんだのか?と疑問を持つ人もいるでしょう。確かに、準備をしているから絶対に成功するとは言い切れません。購入者がいてはじめて売却が成功する訳ですので。。。

しかし、考えてみてください。

もし、準備せずに売却活動をした場合どうなるか?

例えば、相場価格を調べずに売却してしまったらどうなると思いますか?自分が想定している金額が3200万円で相場価格が3500万だったとすると、3200万円で売却したら後悔しませんか?

一つ言っておきたいのが、準備せずに売却活動をはじめて、100万円以上も損している方は多いという事実!

納得して売却している方の中にも、実は、低い価格で売っている事に気が付いていない方も多く、売却後に気が付いても遅いんです。そうならない為に準備をして、なるべく高く、相場よりも高く売れるようにして欲しいです。

失敗しない為に絶対にすべき事→マンションの売却査定価格を知る!

とにかくマンションの査定額・大体の相場を知らない事には何もはじまりません。少なくとも1社だけでなく複数の会社に査定見積もりを依頼し、いくらで売れるのか?実際に不動産屋に査定してもらって、その上で売却を検討しましょう。

査定額がそれぞれ異なると思いますので、最高額を見つけて高い価格で売却しましょう。

もし、最初の不動産屋で2500万円の査定額で他の会社が2700万円の査定額だったら当然2700万円の方がよいですよね?もし1社だけの査定で決めていたら200万円も損する可能性があります。そんなもったいない事は絶対にしないようにしましょう。

複数の会社に査定依頼するなら、無料のマンション一括査定サイトがオススメ!
「いくらで売れる」かを一括査定サイトで確認してみる