1. マンション売却のプロ
  2. 中古マンション売却で売れる時期や季節による売り時はある?

中古マンション売却で売れる時期や季節による売り時はある?不動産を売るタイミングを掴む!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年は地価が上昇した地域があったりなど「中古市場はアツい!」「売るタイミング」と言われていましたが、2016年も引き続き新築よりも中古マンションを希望する方が増加傾向にありますので、「売り時」と言われています。

ただし、地価が上昇傾向にあるとは言っても、売却するエリアによっては下っている所もあるので、もしマンション売却を検討中であれば、

現在の市場状況は?
今本当に売り時なのか?
首都圏以外でも売れるのか?

などの疑問を不動産会社に聞くことが重要です。

まずは、一括査定を利用して複数の不動産会社の査定書を取り寄せて「売り時なのか」「現在のマンション価格」などを把握しましょう。

マンション一括査定で現在の価格と売り時を確認する

また、マンションを売るのに適している時期はあるのかどうか?賃貸などで考えると、転勤や一人暮らし等で春先の需要が多くなりますが中古マンションの売却でも賃貸と同じように探す方が多くなる時期は当然あります。

なので購入検討者が多い時期は買主も増える為、他の時期よりも売りやすいと言えるかもしれません。

マンションが売れる時期・季節は秋~冬(10月~12月)、春先(年度末)

マンションが売れる時期・季節による売り時は、秋~冬(10月~12月)、春先(年度末)と言われています。子供の幼稚園、小学校・中学校の入学のタイミングであったりで早めに探す方が増えたり、企業の決算期は9月、3月が多く、人事異動が多くなる時期だからです。

その為、この時期は不動産を探す方が多いと言われています。探す方が多いので売りやすい時期というのは間違いありません。

秋~冬、春先は購入検討者が多いため売りやすい時期

マンション売却の狙い目の時期・売り時は1月!

どうして1月なの?と思うかもしれませんが、これには理由があり、

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

正月休みがあるからです。

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

普段忙しくて中々、動けない人も正月休みくらいはゆっくりしますよね?その際は家族や親戚なども集まったりして、親から「家を買わないのか?」親戚から「マンション買ったの?」兄弟から「買うならローンもあるし早めに買わないと」など、そんな話しが出た経験ってありませんか?

もちろん購入するかどうかは未定ですが、この機会にゆっくり考える事ができ、購入意欲が高まる傾向があります。この時期に売り出しが開始できるように調整しておくと購入意欲が高まった人に見てもらえ売却の可能性が高まります。

また、仕事や学校など、環境が変わる事が多い年度末までに購入したい方が多いので購入する確率が高くなる時期ですので売りやすくなるでしょう。

正月休み後だけでなく夏休みの後も購入意欲が高まる傾向があり!

売れる時期、売りやすい時期ではあるが、簡単には売れない。

秋~冬(10月~12月)、春先(年度末)、特に1月が狙い目と言いました。確かに探す方が多くなるので、すぐに売れそうだと思ってしまいますが、簡単に売れる訳ではありません。そんなに甘くはありません。

探している人が多いので当然、売主となる売却を考える方も増える時期ですのでライバルとなるマンションが多くなります。

売る為にはライバルマンションとの差別化が必要

購入検討者が多い時期なので、売り出せば内覧などは入るかもしれませんが、流通数も多いので買主目線で考えると、沢山比較して検討して決める事になります。その為、他のマンションよりもどこかで差別化できるかがポイントとなり、どのマンションが売り出されているかを調べて、所有マンションのアピールポイントを考える必要があります。

売りやすい時期はライバルも増える時期!ライバルとの差別化が売却の鍵

探している人が多いからこそマンションによっては安くしないと売れない?

ライバルマンションが増える傾向という事は、購入希望者にとっては値引き交渉に使えるネタとなってしまいます。

買主が他にも気になるマンションがある場合、「値引きしてくれれば即決します。」もしダメなら他のマンションに!と言った脅しのような交渉がある事も。買主側はダメ元でも必ず値引き交渉はしてくるので、ある程度分かった上で対処しないといけません。

購入検討者が多いからと言って簡単に高く売れるとは限らない事は知っておくべきですね。ライバルにはない価格を高くできるポイントがあれば話しは別ですが...

売れる時期であっても、ライバルが多いので高く売れない可能性がある事を知っておく!

まとめ

上記で言ったように売りやすい時期、売れる時期はあります。しかし簡単に売れたり、高く売れたりする保証はありません。購入検討者に値引きの交渉などをなるべくさせないように戦略を練ることをが大事です。

例えば、売主側に売却の期限があると、期限に近づくにつれて、「早く売らないといけない」「もし売れなったらどうしよう」という気持ちになって値引き交渉に応じてしまい、結果、納得できない価格での売却になってしまいます。

その為、なるべくですが余裕をもって前もって準備しておくことが本当に大事です。

今すぐ売り出すわけではないと思いますが、少なくと半年前(6ヶ月前)くらいから準備を始めた方が良いでしょう。最低でも上述したように査定依頼はしておく事をオススメします。現在の中古不動産市場、売却エリアについて、自分のマンションの現在の価格などの情報をプロからもらいましょう。

一括査定を利用してプロから現在の価格と売り時等の情報をもらう