1. マンション売却のプロ
  2. 中古マンション売却の相談・質問と不動産売却の注意点

中古マンション売却でよくある相談・質問と不動産売却の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションなど不動産売却でよくある相談・質問をまとめてみました。マンションを何度も売った経験がある人は少なく、初めてでわからないまま売却してしまい後悔...となるケースは多々あります。売却する事自体は難しい事ではありませんが、納得した不動産売却にしたい!となると、ある程度、不動産売却はこんな感じ!と把握しておかないと難しくなってきます。最低限、下記の相談・質問と注意点について確認しておきましょう。

売却する物件に同じものはありませんし、購入する買い手もマンションによって異なる為、すべての売却が納得したものとなるかは誰にもわかりません。しかし注意しておかないと後悔・失敗する可能性が高くなってしまいますので、もし自分に当てはまりそうな相談内容・質問があれば注意点も踏まえて確認しておく事をオススメします。

マンション売却の流れと売る手順は?

マンション売却の流れについて聞かれることが多いのですが、大まかな流れとしては、【査定をして相場を知る→仲介してもらう不動産会社を選ぶ→媒介契約を結ぶ→売り出し価格を決める→売り出し開始→内覧申込み→購入の意志確認と条件の交渉→売買契約→引渡し】といって手順を踏んでマンションは売却されていきます。ある程度、流れを把握した上でスケジューリングして売却活動を進めていくことが結果的に後悔せずに売却が可能となるでしょう...

注意点①:売る流れを掴んで納得のいくマンション売却を!

マンション売却で後悔や失敗した体験(経験)って?

マンションを売って「失敗したぁー」と後悔はしたくないですよね?当たり前です。しかし売却した人の中には失敗した方も多く、特に初めてマンションを売る方にその傾向が強いのです。マンションを売却する際には新しい家に「住み替え・買い替え」のようにポジティブな理由とローンの払えなくなったなどのネガティブな理由があり、どちらにしても出来る限り高く売る事は共通して考えておくべき...

注意点②:「失敗したぁー」と後悔する理由を知って自分の不動産売却に活かす

マンションを「売る」か「貸す」か?賃貸は得なの損なの?

マンションを「売る」か「貸す」かは、とても判断が難しい問題です。売った方がいい場合、貸した方がいい場合と、不動産によって判断が異なる話しです。どちらにしてもメリットとデメリットがあるので、損得を知った上で判断する必要があります...

注意点③:マンションを「売る」か「貸す」か?判断基準を見つける!

不動産業者の買取で中古マンション売却は得か損か?

マンション売却で不動産業者に買取(即金即買)してもらうのは、損か得か?ですが、売主がどのような理由で売却を検討しているかどうかと現在の状況によっても違ってくると思います。注意しておかないと損する可能性もあるので、しっかり良し悪しを判断できるように...

注意点④:マンション買取のメリット・デメリットを知った上で判断!

中古マンションはリフォーム代をかけて売るべき?

中古マンションを売却する際には、リフォームまたはリノベーションして売った方がいいの?と質問をよく受けますが、売りやすくなるのは間違いありません。ただし、買い手となるターゲットの事を考えたリフォームではなく自分勝手なリフォームをしてしまうと...

注意点⑤:買い手の事、マンションの相場を考えた上でリフォームするか判断!

マンション売却で住宅ローン残債ありで返済中だけど売りたい

住み替え・買い替えで現在住んでいるマンションを売って、新しく購入を検討する時に気になるのが住宅ローンの残債がある事ではないでしょうか?しかし、多くの場合、ローンを完済しておらず、残高がある状態で売却しています。注意しておきたいのは売却しても残債が...

注意点⑥:多くの人がローン残債があるマンションを売却しているが、残高が多い場合、売れない事も

家族や近所に内緒でマンションの査定をして売れる?

査定と売却とで少し異なるので、分けて考える必要があります。査定の場合で言えば、インターネットを利用した机上査定が可能なので家族や近所に内緒にしながら依頼する事ができますが、売却の場合は、極力内緒で売る事は可能とは思いますが、売買価格と売却期間は妥協することも考えておく...

注意点⑦:内緒でマンションを売るなら売却価格と時間について考える必要あり!

築年数の古い物件(築古マンション)を売るには?

築30年以上の築古マンションの戸数は今後ますます増加していく傾向ですが、築年数が古い→築古マンションは本当に売れるのか?所有マンションによりますが、注意して欲しいのは通常通りの売却活動では難しい場合が多いという...

注意点⑧:築古マンションを売るなら戦略無しでは難しい!

マンション売却時の媒介契約は一般と専任のどっちを選ぶ?

マンションを売る前に悩むのが不動産会社と締結する媒介契約です。いざ契約をしようとすると、3種類の契約方法があり、どれを選んでいいかわからない!そんな状態になる方が多いかと思います。まず3種類の媒介契約の特徴を知る事が大切です。不動産会社は専任契約を進めてきますが、まずは自分でどの契約方法が良いかを判断...

注意点⑨:媒介契約の特徴を掴んで、所有マンションにあう契約の種類を選ぶ!

仲介してもらう不動産会社は大手と中小(地域密着型)どちらを選ぶ?

大手不動産と中小の不動産屋のどちらに頼むのがいいか?について質問される事がよくありますが、売却経験者などから大手の方がいいよ!大手よりも中小の方が親身になってくれたからいいよ!などと聞いた話をそのまま信じるのはやめた方が...

注意点⑩:大手・中小かを選ぶなら売却マンションの特徴に合う不動産業者を!

マンションの買い替えは購入と売却どちらを先行すべき?

「住み替え・買い替え」をする方にとって、先に次に住む新居を探すか、売却を先にするのかは本当に悩み所。どちらでも一緒でしょ?と思いがちですが、それぞれ特徴があり、売却額、売主の資金、ローン残債などによって...

注意点⑪:購入が先か売却が先か?は判断基準を確認してから!

初めてのマンション売却はわからない事だらけ!よくある相談・質問、注意点を確認して疑問を解決!

上記の相談内容・質問は確認しておかないとマンション売却で損してしまう内容を多く含んでいます。不動産売却においてマンション(建物)や買主はすべて異なりますので、同じ状況での売却活動となる訳ではありませんが、関係しそうな質問については必ず確認しておく事をオススメします。本当に気をつけておかないと、売買成立価格が数百万も異なってしまうことも多くありますので注意しておきましょう。