>
クレジットカードのキャッシングでも可能な任意整理

クレジットカードのキャッシングでも可能な任意整理

債務整理は主に、多重債務者など救済を目的としていますが、
クレジットカードなどについているキャッシング機能を利用する事で、
その返済が困難になった場合にも対応してもらえます。
クレジットカードのキャッシング枠についてでリボ払いについて触れたのですが、
リボ払いはとても楽なため、昨今、スーパーやデパートなどあらゆるところで、
提携したキャッシング機能付きのクレジットカードが利用され、
買い物をするような感覚でキャッシングを利用してしまう債務者も
多くなってきているというデータを見てもわかるとおり、
計画的に利用する事がまず第一に大切です。

任意整理について

キャッシングなどで返済困難な場合に、一般的な債務整理の方法は任意整理であり、
この任意整理は弁護士や司法書士に依頼し、その専門家が直接キャッシングを
行っている金融会社と交渉を行うという方法です。

自己破産などとは違い、任意整理では裁判所を利用しないために、
時間的拘束もほぼありませんので、仕事などで忙しい人にも
比較的利用しやすいと言えるでしょう。

任意整理の流れ

キャッシングでの任意整理は、まず、弁護士などの専門家に依頼した後、
一旦支払いの催促がストップされます。
催促が止まる事で精神的な負担もこの時点で軽くなるでしょう。
その後はキャッシング先の金融業者に債務者との取引履歴を取り寄せ、
利息制限法という法的利率を用いて、債務を正しく引き直します。
多くの金融業者が年率29、2%を上限として貸付しているのに対し、
利息制限法では元本が100万円以上であれば15%、
100万円未満10万円以上は年18%、
10万円未満であれば年20%に留まります。

この差が払いすぎている利息であるとみなし、過払い金の返還として請求します。
取引期間が長期であれば、計算しなおした時にすでに完済していると
みなされる場合もあり、この場合は手元にお金が戻って来る場合もあります。
大抵の場合は正しく債務を計算し直す事で過払い金を残債務に充当させ、
その後に圧縮された債務を一定期間をかけて返済するという事を目的としています。

クレジットカードは身近な存在であるとともに、
キャッシングも計画的に利用する事を念頭におく事が大切です。

COPYRIGHT© 2013 クレジットカードでキャッシング ALL RIGHTS RESERVED.